リフォームローン審査の必要書類とは?本人確認資料は必要? 【Q&A】

オリコのリフォームローンはWebリフォームローン仮受付がかなり便利です。

来店する手間がなくパソコンから申し込み可能で最短2日という速さで審査結果が送られてきます。

オリコのリフォームローンは固定金利なのですが、保証人や担保、保証料などを用意しなくて良いという最大のメリットがあります。

使い道として改修工事やリフォームだけに留まらず太陽光発電システム設置工事などにも利用することができるのです。

申し込み時の注意点として、Webの仮受付の申し込みの際にはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要となり、販売店コードもしくはIDの入力が求められますのでご注意ください。

アルヒのリフォームローンについて紹介します。

アルヒのリフォームローンは申込資格には、満20歳以上から65歳未満と定められています。

融資の金額は50万円以上1 000万円以内とされており、返済回数も1年(12回)から35年(420回)となっており住宅ローン並みに長期といえます。

そのため契約を結ぶには連帯保証人が必須になり、融資の合計金額が500万円を超える場合は抵当権も設定されることになりますので、団信保険付プランを選択することも可能です。

アルヒの利率は変動金利型で、年に2回の長期プライムレート(基準金利)を、3か月後の口座振替から適用となります。

商品タイプはAプラン、Bプランの2種類があり、それぞれに基準金利と事務手数料が異なります。

リフォームローンを探すオススメの方法として有効なのはランキングサイトを利用するのが簡単です。

とはいえ、住宅事情というものは人それぞれで異なりますのでひとえにインターネットの情報だけに頼るのはいけません。

まず先に、今の住宅で不満なところを洗い出し、リフォームに必要な費用を算出し諸条件にあったリフォームローンを選びましょう。

費用が高額になるようであれば有担保型ローンが低金利のためおすすめですが、少額であれば小回りが利く無担保型ローンが良いかと思います。

また、中古住宅の購入と併せてリフォームを考えている方は一体型のリフォームローンであれば金利を抑えることができます。

借り入れたリフォームローンが余った場合、融資業者に余剰分を申告・返金する必要はあるのでしょうか?融資金額は施工業者の見積などによって算出されるため借入金が余るというケースは珍しいのですがわざと多く借りたみたいで不安になりますね。

一方で、建設業界では追加費用が発生しないように見積もり時に上乗せ融資をすすめてくるリフォーム業者もいます。

また、金融機関においても追加融資が難しいと判断された場合には担当者も上乗せ融資を勧めることがあるようです。

余剰分が出ても最終的に完済されれば問題はありませんので、そのまま放置していても構わないのですが、余剰分が気になるという人は繰り上げ返済をして、借入た分を早急に全額返済してしまいましょう。

ご存知ですか?リフォームローンの金利相場は市場金利に応じて上下します。

担保があるかないかによっても金利が変わり現在は有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が平均的な相場です。

金利のタイプは大きく分けると2種類あって変動金利型と固定金利型があります。

変動金利型というのは市場金利に応じて半年ごとに金利が更新されるローンで固定金利型というものは市場金利の変動に関わらず、金利が一定のローンです。

更に固定金利型には完済まで継続する長期固定金利型と指定した期間内だけ固定金利になり満了するごとに長期型か変動型する固定金利選択型があります。

リフォームローンの選び方は金利だけに拘ってはいけないということです。

期間や上限金額も重要な要素ですし、保証人や担保が必要か否かなども選ぶポイントとなります。

団信(団体信用生命保険)の加入が可能か否かや手数料などの諸費用も比較検討したほうが良いでしょう。

建材会社の中には自社商品を使ってリフォームすることで金利0%の無担保ローンを提供してくれる会社もあります。

リフォームローンは様々な会社から魅力的なプランが用意されていますのでローン対応のリフォーム会社に相談するのもいいでしょう。

金利が低いリフォームローンを借りるには担保型のローンを選ぶと良いでしょう。

リフォームローンには担保形と無担保型があり金利相場はもちろんのこと、借入期間や借入可能額などにも違いがあります。

無担保型の場合、借入期間は最長で10年から15年で借入れ可能な上、限金額は500から1000万円ですが、担保型は期間は最長35年、上限金額は1000万円から1億円と桁違いです。

金利は長期の借入の方が低金利になるため無担保型の約2から5%に対して担保型は約1から2%と低金利になります。

そのほか、貸付金利タイプでも差があって固定金利と変動金利を比べた場合変動金利の方が低金利になります。

リフォームローンでいくら借りられるかというのは、リフォームをするにあたり一番最重な項目ですね。

引用:http://www.freedomisavoice.com/faq/documents.html

しかし、リフォームローンというものは住宅ローンと比べて借入限度額は住宅ローンの1/10程しかありません。

リフォームローンで融資してもらえる最大金額は500万円から1000万円という商品が一般的です。

リフォームローンの金利は2から5%と高く返済期間は最長10年から15年と短いので、借入金額がある程度抑えられていないと、返済額がかなり大きくなってしまうのです。

支払に破綻のない返済額を事前にシミュレーションすることが大切です。

最近話題のアプラスのリフォームローンはTポイントが貯まります。

申込可能な人は、20歳以上65歳未満で安定収入がある人、融資可能額は10万円以上300万円以内で、返済回数は最長84回(7年)ですから手頃なローンになっています。

金利についてですが、アプラスの金利は7.20%から14.40%という少々高めの設定になっています。

ネットで申し込みが可能なことや担保・保証人が不要なので小規模なリフォームにはベストマッチです。

シミュレーションは条件等詳細に設定することができるため、アプラスのリフォームローンに興味のある方は一度、HPをご覧になってみることをおすすめします。

リフォームローン減税について紹介します。

リフォームローン減税というものは住宅ローンを利用してリフォームを行う場合に対象になります。

減税の対象となるリフォーム工事には何でも対象になるというわけではなくいくつか条件があります。

減税対象となる麹は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などに限られしかも100万円を超える場合に適用されます。

減税申請を行う側についても条件が定められており年収は3000万円以下で返済期間が10年以上という条件のほか、工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することなども必須条件となっています。

しかも減税は自己申告制になっているので、入居した翌年に確定申告をする必要があります。

リフォームローンを組むことによって受けることができる控除は所得税ですね。

申告を行う事で当年の所得税から工事費の10%(限度額アリ)が還付されます。

対象となるリフォーム工事の内容と限度額に関しましては条件があり定められています。

三世代同居、省エネまたは耐震工事は25万円、バリアフリーのするためのリフォーム工事では20万円と定められています。

控除の共用の要件として自分が所有して住むことや所得が3000万円以下でないと適用されないなどがあります。

比較的手軽なリフォームローンの無担保型とは担保がいらないリフォームローンです。

保証人や土地建物などといった担保を用意しなくても良いので手軽に利用出来るローンです。

反面、金利が高い、借入期間が短い、限度額が低いなど担保型と比べてみると、デメリットを感じる点も少なくありません。

ということで、無担型ローンが生きるケースというのは規模が小さいリフォームになります。

持ち家を所有していて、少額のリフォームならば、割と余裕がある人のリフォームであると判断されることが多く審査に通りやすいと言われています。

リフォームローンに落ちた、審査に通らなかったという人は、その原因を分析する必要があります。

まず、落ちた理由として考えられることは借入希望金額が高すぎたのかもしれません。

あるいは、勤続年数が短すぎるとか会社の経営が思わしくないなどといった問題があったのかもしれません。

例えばマイカーローンの返済中であったりリボ払い、キャッシング額が膨れ上がっているなどカードローンの利用状況というのは、融資の可否について大きな要因となります。

これらの残債をきちんと整理することが審査に受かる第一歩となります。

楽天のリフォームローンといえばフラット35(リフォーム一体型)というものがあります。

リフォーム用の工事代金と住宅購入代金とを合わせひとつのローンでまとめて融資が受けられるといった商品です。

2016年10月からは新しく【フラット35】リノベという商品が発売されました。

【フラット35(リフォーム一体型)】との違いは金利の引き下げが受けられることです。

注意点として、工事前に適合している基準は対象とならないことや【フラット35】Sとの併用はできません。

リフォームローンの金利ですが金融機関によってかなり異なります。

1%台からの低金利なところもありますが、金利は15%近いという金融機関もあります。

金利体系というものが2種類あり変動と固定の2種の金利体系があります。

変動金利のメリットとして金利が低いというのがありますが、景気の情勢に応じて金利が変わってしまうリスクがあります。

一方、固定金利というものは完済まで金利は変わらない安心感がありますが、そもそもの金利が高いというデメリットがありますし、相場が下がっても高金利のまま返済をし続けるというリスクもあります。