しみの予防と治療方法は?

しみの予防と治療についてです。
日光の力が強い10時から14時にかけては、強い日差しに肌をさらさないよう、出かける時間はずらします。
日焼け対策のクリームや、紫外線をカットしてくれる衣類、日傘、帽子などは、外せない用事で日差しの強い時間帯に外に出る場合には用意したいものばかりです。
しみにならない肌を保つには、紫外線はできるだけ回避しましょう。
しみはできてから治療をするより、できる前に対策を講じる方が確実ですし低コストです。
しみを改善する食品をとるようにします。
しみにはビタミン C が有効ですので、ビタミン C を多く含む野菜や果物をたくさん食べるようにします。
しみ改善に効果がある食材としては、卵、のり、ヨーグルトなども知られています。
小豆粉末を袋に入れ、しみをこすることも有効です。
しみへの有効な治療法としてクローズアップされているのが、トレチノインというビタミンAの一成分です。
皮膚につけることによって、角質層を剥離させる効果があると言われています。
しみの理由となるメラニン色素を除去する効果があります。
トレチノインを用いた治療法は、皮膚科や美容整形で専門医で診てもらってからでなければ受けられません。
レーザー治療は、医療機関で行われているしみ治療です。
しみの他にも、そばかす、にきびの跡などの対策になるのがレーザーであり、治療時に痛みが発生しないという利点があります。
しみ治療としては、ケミカルピーリングも有効です。
しみ治療では、保険が使えるかどうかでかかるお金もずいぶん違います。
シミ消す化粧品ランキング!口コミは?【市販でシミを消す方法】