光ケーブルを一般家庭で使用する時にはコネクタが要ります

光ケーブルはどうやって通信ケーブルとして活躍しているのかといいますと、まずはコネクタ接続が重要なポジションにいます。
コネクタはSCコネクタとLCコネクタがあり、GBICやSPFと接続して、GBICやSFPが電気信号を光に変えてくれるという役割をしてくれるんです。
その光を光ケーブルの中にある何本もの光ファイバーが通して通信しているのですが、その光ファイバーを束ねて一本にして、シースという保護するものをつけた形が光ケーブルというものになるんです。
GBICは大きくて古いものですから、小さくて新しいSFPを使う事の方が主流になっているようで、SFPとLCコネクタを使ったものが多く使われているようですね。