住宅ローンを組もうと思ったら金利のチェックは欠かせません

住宅ローンを組もうと思ったら金利が気になるものです。
住宅ローンの金利は大きく分けて固定金利と変動金利の2種類があります。
どちらの金利を選ぶかは個人次第で、銀行側からはオススメなど一切何も言われません。
基本的に金利が高いのは固定金利、低いのは変動金利です。
また、金利をどちらにしたら審査が変わってくる。
といった事はなく、公平な審査が行われます。
どちらを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、銀行から発表される金利の推移をチェックすると良いです。
フラット35という名前の住宅ローンローンを組もうと検討されていた方なら1度は聞いたことがあるローンの名前だと思います。
フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提供する特殊なローンになります。
住宅ローンを組む上でとてもメリットが大きいですよね。
毎月同じ額の返済ができますので、今大変人気の住宅ローンです。
一般的な住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。
一般的なローン同様、重要視されます。
それに加え、住宅の価値を審査される。
という点が加わります。
ですから、将来価値がありそうな住宅の場合、フラット35の審査は通過するケースが多いと言われています。
住宅ローンを組むには、銀行や信用金庫などから審査を受ける必要があります。
住宅ローンは最大35年という長い年月の支払いが必要ですので、審査は大変厳しく行われます。
審査の結果は約1週間前後で電話もしくは口頭で伝えられます。
残念ながら審査が通らないと、住宅ローンは組めません。
審査に通ると、本契約に移ることができます。
契約時は銀行から指示された必要書類を全部揃える他実印と諸費用も用意しておきます。
諸費用は借入する額によって人それぞれなので、銀行側から指示されます。
一般的には、数十万?数百万単位の金額がかかるようです。