坂上忍のバイセル着物買取はなはなはな

\着物を高く売りたいなら/

トップページ > 京都府

いらない着物を売りたい!
成人式の振袖を処分したい!
遺品の着物を整理したい!


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、京都府内で振袖や訪問着、和装小物などを整理・処分したいと思っている方のために、査定料無料で高価買取してくれる着物買取業者をご紹介しています。

着物を高く売りたいなら着物買取専門の業者へ

ネットオークションやフリーマーケットを利用して着物を売る方もいるかと思いますが、品物を出品登録する際には手数料がかかるほか、必ずしも買い手が見つかるとは限りません。

反対にこちらでおすすめしている着物買取業者の場合には、着物買取専門の査定員がきちんと査定してくれます。価値ある着物を不当な金額で買い取られる心配もなく安心です。

そんな着物買取業者で着物を売る場合には、「出張買取」「宅配買取」「持込買取(店舗買取)」の主に3つの方法があります。

ここからは、その3つのうち「出張買取」または「宅配買取」で着物を売る流れをご紹介したいと思います。

着物の売り方は?【出張買取と宅配買取の流れ】

1.ネットで査定の予約申し込み

出張買取・宅配買取ともに、インターネットから査定の申し込みをします。

ネット申込に対応している所であれば、24時間365日申し込み可能です。

2.査定の事前準備

出張買取の場合は、査定の希望日時を伝え、査定日当日には売りたい着物を用意しておきます。

宅配買取の場合は、着物をきちんと梱包して段ボールに入れて着物買取業者宛てに発送します。(※無料宅配キットのある業者であれば、そちらを利用すると便利です。)

3.買取査定

出張買取の場合は、お住まいの地域により異なりますが、最短30分で査定員が訪問。ご自宅に到着後すぐに査定が始まり、その場で査定金額が分かります。

宅配買取の場合は、着物の発送後1~3営業日で査定が始まり、メールまたは電話で査定金額の連絡があります。

4.買取成立

着物の査定金額に満足できれば、買取成立という流れになります。

出張買取の場合は、その場で現金を受け取ることができます。(※査定金額にもよります)

宅配買取の場合は、査定後最短当日もしくは2営業日ほどで査定金額が振込されます。

京都府の着物買取店/

査定料0円・キャンセル料無料
PC・スマホから査定申込OK
買取方法出張買取
宅配買取
お持込み買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時の送料はお客様負担)
  • 最短30分で出張査定
  • 宅配買取の送料無料
  • キャンセル料無料
  • 査定だけでもOK
  • 国内最大級の買取業者で安心
  • 顧客満足度NO.1で人気

【買取対象となる着物類】
留袖、振袖、訪問着、付け下げ、小紋、色無地、紬、友禅、上布、沖縄着物、アンティーク、男性着物、作家着物、袋帯、名古屋帯、丸帯、半幅帯、反物、和装小物、和装上着

バイセルでは、下記のような着物でも無料査定を行なってくれます。
証紙や証明書がない着物、シミのある着物、柄や色が古い着物、大量の着物、紋付の着物、仕立てる前の反物、帯だけ

【用意しておくもの】
運転免許証やパスポート、健康保険証などの本人確認書類

和装小物もまとめて査定OK
買取方法出張買取
宅配買取
持込買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時は着払いにてお客様負担)
  • 最短30分で出張査定
  • 国内大手の買取業者
  • 着物買取のプロが査定

【買取対象品はこちら】
作家着物、訪問着、黒留袖、帯などの和装品など

買取プレミアムでは、下記のような着物でも無料査定を行なってくれます。
柄や色が古い着物、汚れやしわが付いてしまった着物、帯締め・草履やバッグなどの和装小物、証紙や証明書がない着物、価値のわからない着物

【必要なもの】
運転免許証、健康保険証、パスポートなどの本人確認書類

24時間365日対応可能
買取方法出張買取
宅配買取
店舗買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送料が別途必要)
  • 宅配買取の送料無料
  • 着物鑑定士による査定で安心
  • 他社で断られたものでもOK

【買取対象品はこちら】
留袖、振袖、訪問着、付け下げ、色無地、作家物、小紋など

福ちゃんでは、下記のような着物でも無料査定を行なってくれます。
色褪せた着物、虫食い穴のある着物、シミ・汚れのある着物、証紙がない着物、和装小物、反物、帯、紋付

【必要なもの】
運転免許証、健康保険証、パスポート、住民票(発行から3か月以内の原本)などの本人確認書類

着物買取まとめ

日本で古くから受け継がれてきた日本の伝統文化と言えば「着物」。

昔に比べると着物を着る機会が少なくなっていますが、成人式をはじめ七五三のお宮参りや冠婚葬祭など、いまだに着物の需要はあります。

最近では、遺品整理をきっかけに着物を売る方が増えているほどです。

気になる着物の価値はピンからキリまであります。思っている以上に高値で買い取ってもらえるケースもあることから、「着物買取」が評判を集めています。

タンスの中に着物が眠っているという方は、宝の持ち腐れになっているかもしれません。査定だけでも無料で行なってもらえる所が多いので、ぜひ無料査定に申し込んでみてはいかがでしょうか。

バイセル着物買取の口コミまとめ

京都府の方向け着物を売る方法に関するQ&A

こちらでは、着物を売りたいと思っている方のために、着物買取に関する質問と答えをQ&A形式でまとめてご紹介しています。

査定に申し込む前にチェックして、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

Q. 祖母の遺品の着物をなるべく高値で売りたいんですが、損をしない売り方ってありますか?

A. 着物を高額査定してもらうコツはありますよ。

  • 持込買取より出張買取か宅配買取で売る
  • 着物をまとめて複数枚売る
  • 和装小物などの付属品も一緒に売る
  • 証紙や証明書があれば付属する
  • 着物以外のブランド品も査定してもらう

相場より高値で買い取ってもらう売り方は上記のとおりになります。

そのほか、査定額が比較的高額になる着物は、人気の色や柄などが関係してくると考えられています。

成人式などで着用する振袖で例えると、赤やピンクがやはり人気が高く高価買取してもらいやすいようです。

それから、小さいサイズの着物は需要が少ないため査定額が下がってしまいますが、サイズが大きい着物であれば平均サイズに仕立て直すこともできるため、査定額が高くなります。

たとえ汚れやシミがある着物であっても、サイズが大きければ和装小物にリメイクすることも可能なため、高価買取してもらいやすいと考えられます。

Q. いらない着物を売ろうと思うんですが、価値がまったく分かりません。査定相場はどのくらいになるでしょうか?

A. 着物の状態によって査定金額が大きく違ってくるため、以下の査定相場はあくまでも目安にしてみて下さい。

振袖15万円~30万円
黒留袖17万円~35万円
色留袖18万円~36万円
訪問着10万円~20万円
小紋7万円~10万円
5万円~10万円
伝統工芸品(産地物)20万円~40万円
作家着物20万円~40万円
名古屋帯2万円~4万円
袋帯5万円~6万円

上記の買取相場はあくまでも目安です。

着物に少しのキズや汚れ、シミがある場合は査定額が低くなりますが、買取可能な業者が多いので問題ありません。

着物は元々とても高価なものです。ご自分が思っている以上の高値で買い取ってくれる可能性がありますよ。

こちらでご紹介しているバイセル買取プレミアム福ちゃんなら無料査定を行なっていますので、査定だけでも申し込みしてみることをおすすめします。

Q. 着物を出張査定してもらおうかと思っています。着物を1枚だけ売ることって出来ますか?もし査定に来てもらった時に追加で査定してもらうことは出来ますか?

A. 出張査定が無料であっても有料であっても、1点から査定可能です。査定時に追加で着物以外のブランド品などを査定することも可能です。

査定の際、品物が多ければ多いほど査定金額は高くなる傾向にあります。

着物を複数枚持っている方はできるだけまとめて査定してもらったり、着物以外にブランド品や貴金属などをお持ちであれば、追加で査定してもらうとお得になりますよ。

出張費も査定料も無料で行なってくれる買取業者なら、品物の制限なく1点から丁寧に査定してくれるのでおすすめです。

着物の売り方基礎知識コラム

つい最近、祖母の形見だった着物を手放すことになり、買取専門の業者に見てもらいました。

祖母の形見ですが、着る人もなく誰も着ないのにとっておくのも祖母の本意ではないでしょうし、次に着てくれる人に譲りたいと思うからです。

価値をきちんと評価してもらいたいと思い、複数の業者で査定を受けました。

個別に値段がつくような作家ものやブランド品はなく、全部でいくらと、どこの業者でも言われました。

でも、全て買取可能ということで、値段にも納得できたので売ることを決めました。

着物を買い取ってほしい方の大きな関心事は、買取業者の選び方を考えると上手な決め方がわからないことでしょう。

今はネット検索すれば多くの業者にヒットするご時世なので自分に合った業者を見つけるのは非常に難しくなっています。

着物の買取を行う町の古着屋もたくさんありますが、価値があると思う着物なら、着物の専門店に持って行く方がいいでしょう。

専門店なら、着物や反物に関する知識が豊富な鑑定人が見てくれるので不当に低く見積もられることは少ないでしょう。

和服の買取というと、宅配便を利用したサービスが増えてきているらしいので、形見にもらって着ない(小さい)着物を手放そうと思います。

モノは悪くないので、買い叩かれないように、できるだけ信頼できる業者さんにお願いしたいですね。

古物商の認可が必要らしいので、とりあえずそれを確認してから電話で問い合わせし、良さそうなところに依頼するつもりです。

振袖を着るシーンと言えば、成人式や結婚式など、大事な場面ばかりですが、それ以外に着る機会はありません。

着られる時期にも限りがあります。

ですから、管理が負担になるくらいなら、売却を考えるのも次に着る人に上手く引き継ぐ手段といえます。

いくらで買い取るかは気になるところですが、保管状態があまり良くないと数千円ぐらいで、保管が良く、ものも良ければ数万円で売れる可能性があります。

いろいろな思い出が詰まった振袖だと思いますので送料無料で査定してくれる業者もありますから、何軒かの業者にあたり、自分の気持ちに区切りがついたところで手放すのがいいでしょう。

多くの着物買取業者では、着物と帯の他にトータルコーディネイトできる小物類、つまり帯締めや帯揚げなど併せて買取可能です。

それでも、襦袢の買取は難しいと思ってください。

襦袢は和装の下着だとみられているため着用済みだとほとんど売れないからです。

例外もいくつかあります。

たとえば未使用で正絹仕立てのもの、レトロな珍しい柄のものがあれば他のものと一緒に買い取ってもらえる可能性があります。

まずは査定にかけることをすすめます。

箪笥の肥やしになっている和服を整理しようとしても、処分先をどうするかお困りの方も少なからずいらっしゃるでしょう。

最近増えた、宅配便を利用した着物買取を利用すると悩みも解決すると思います。

業者のサイトから申し込むだけで、ある程度まとまった量なら、着物を送る際の送料が無料になることもあります。

もともとは高かった着物を見てもらうのですから、品物と相場の両方がわかる査定士さんがいる店を選ぶことが一番だと思います。

着物の宅配買取もよく行われていますが注意することが一つあります。

着物や反物の購入時についてくる切れ端、保証書といった、品質を保証するものの有無です。

リサイクルショップに家電を売るときと同じく、これらは産地や製作者の証明になるので、ブランド品であればなおさら、あるかないかでものの価値は相当違ってきますから、きちんと保管してあれば、着物に添えて送ることが、有利な買取には欠かせません。

タンスに眠っているだけの着物を、買い取ってもらって手放したい。

だけど値がつかなかったり、すごく安い値段しかつかなかったらみっともない。

という声をよく聞きます。

着物は着る人の年齢や着る場面によって、多くの種類に分かれています。

そして素材や技法によっても買取価格は大きく変わるので素人が買取価格を予想するのは無理です。

ただ、有名な作家の作品だったり、ブランド品だったりすれば結構な値段で売れることも珍しくありません。

比較的新しいブランド品はサイズが大きいものが多く、着たい人が多いためぜひ買い取りたい品だからです。

仕立ができる祖母がいたせいか、古い着物や袖を通したことのない着物が、うちの納戸には山ほど保管されていました。

保管状態の良いものと悪いものがあったものの、業者さんは納得の上で買取してくれました。

最近の着物買取というのは、多少のシミがあっても業者さんのほうでシミ抜きするので、買い取るパターンのほうが多いそうです。

ただ、お値段は「相応」のものになります。

高かった和服を業者に引き取ってもらう際は、それなりに信頼できる業者さんにお願いしないと、安値で買われてしまうこともあります。

よく聞くトラブルというと、相場を無視した安値とか、宅配査定関係も増えました。

対面と違って「入れた・入れていない」の押し問答になりますね。

最初にウェブ上で業者の評判をチェックし、吟味した上で査定を依頼し、梱包前に写真を撮っておくのも自分のメモ代わりにもなり、トラブル防止に有効です。

京都府の方向け着物の買取に関するお役立ち情報

\おすすめの着物買取業者なら/

京都府で着物を高く売るなら